VALU攻略ブログ

VALU活用、仮想通貨、暗号通貨の仕組み、ビットコイントレード方法、について解説します。

「1万円」が「20万円」に大変身。

クリック一つで

 

「超パワーアップ」

 

させれます。

 

仮想通貨はFX同様、

入金している日本円を

証拠金にして、

 

1万円を最大20万円にまで価値を

上乗せすることができるんです。

 

通常、大阪から東京まで

深夜バスなら8時間、

かかりますが、

 

新幹線であれば2時間半で

行くことができます。

 

料金も深夜バスは

片道平均4000円

新幹線の場合は、

13000円するので、

 

価格の差は3倍ほど

あるんですが、

 

このように現実社会では、

お金を多く払うことで、

 

目的達成の時間短縮をすることが、

いろんなところでできるんですが、

 

ネットトレードの場合、

持っている金額そのままで、

多額の取引ができるので、

 

特に持ち金を増やさなくても、

成果の時間短縮を

図ることができるんです。

 

まさに今のパワーを

何倍にも膨れ上げさせられる

"界王拳"です。

 

f:id:coinmaster:20170324123245j:plain

 

本来であれば、

20万円持っていないと

できない取引が、

 

たった1万円で

できてしまうという

 

「とんでもルール」

 

があるんです。

 

自分の手持ち以上の掛け金を使って、

取引することを、FX業界では、

 

レバレッジ

 

と呼ぶんですが、

 

この仕組みが

仮想通貨トレードでも

使えるのです。

 

本来1万円しか

持っていない場合、

 

0.1ビットコインしか

手にすることが

できないとした時、

 

そこにレバレッジをかけることで、

2ビットコインも持つことができ、

 

その2ビットコインを使って、

トレードすることが可能なんです。

 

たとえ、今の手持ちが少なくても

それを元手に大きな取引をして、

大金を稼ぐことができるんです。

 

ただ、当然、デメリットもあります。

 

レバレッジの最も大きな

デメリットは、

 

損失もそのままレバレッジ

かかってしまうということです。

 

1万円にレバレッジをかけて、

0.1ビットコインを、

2ビットコインにして取引をし、

 

もし、トレードが失敗し、

0ビットコインになった場合、

 

20万円の損失を

被るということです。

 

そうです。

 

レバレッジ投資は、

ハイリスク、ハイリターンなのです。

 

あと、もう一つ。

 

レバレッジ比較】

 

株式現物      現物のみ

FX         国内25〜33倍(先物

ビットコイン  現物もしくは最大20倍

  

この表を見ていただくと

分かると思いますが、

 

まず、FXと違って仮想通貨は

25倍まで大きなレバレッジ

かけられません。

 

そもそもレバレッジをかけた

取引ができる取引所自体が、

 

まだ世界でも数少なく

数10件程度の数です。

 

レバレッジをかけて

仮想通貨取引が

できるという時点で、

かなりレアなんですが、

 

そのレアなレバレッジ取引が

現在、日本ではバンバンできるので、

 

レバレッジの比率は低いですが、

稼ぎやすいという点もあります。

 

仮想通貨は、価格変動が

非常に大きいため、

 

レバレッジ20倍のトレードでも

十分、大きな利益を見込めます。

 

少ない金額で挑戦することでき、

レバレッジをかけて行う

トレード戦略も豊富なので、

 

現物資産の

リスクヘッジとしてだけの、

利用ではなく、

 

FXに並ぶトレード商品として、

今、人気になってきてます。

 

うまく市場を見極め、

できるだけ少額の投資で

大きな利益を得られるよう

 

レバレッジの活用も

していきましょう。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin