VALU攻略ブログ

VALU活用、仮想通貨、暗号通貨の仕組み、ビットコイントレード方法、について解説します。

お金のなる木

まさに、

 

「お金が実っている木」

 

です。

 

f:id:coinmaster:20170321115924p:image

 

この表現が

一番しっくりきます。

 

仮想通貨トレード、

ビットコイントレードの

最大の魅力は、

 

一般的な投資案件よりも

お金がたくさん集中して

集まってくるところです。

 

どうして、お金が、

今、ビットコイン

集中しているかというと、

 

それは、

 

ボラティリティー」

 

にあります。

 

ボラティリティーとは、

価格変動率のことです。

 

資産価格の変動の激しさを表す

パラメータ(価格の変動幅の比率)のことで、

 

この変動がメチャクチャ凄いのが

仮想通貨トレードなんです。

 

ビットコインなどの仮想通貨は、

他の国家通貨同様、

徐々にメジャーになりつつあるのに、

 

全然、市場が安定しておらず、

コインの価値が日々、大きく変わるので、

取引が日々、盛んにされています。

 

安定していないのに、

取引がメチャクチャされるので、

 

更に通貨価値の上がり下がりが

尋常じゃないんです。

 

このグラフを見てください。

 

f:id:coinmaster:20170321115701j:image

 

これたった1日の変動です。

 

このグラフを見て、

ピンとこない人は、

 

ちょっとこの変動を

「ドルと円」

で考えてみてください。

 

1ドルが1日の間に、

相場が1万円、2万円に、

変わることって

今ありますか?

 

まずないですよね。

 

もし、あなたの持っている100円を

今、1ドル札に変えて、その1ドル札を

夜、再び円に戻したら

なんと1万円になっているんです。

 

100円が何もしなくて、

1万円ですよ。

 

もうウハウハですよね。

 

そうなれば、

毎晩、今、飲んでいる発泡酒は、

すぐ卒業し、ビールになるでしょうし、

 

上司に連れられていくキャバクラで

多少、ぼったくられても、

痛くもかゆくもないでしょう。

 

欲しかったブランドの

鞄や、靴が買えるだけでなく、

 

ちょっとお高い

フィットネスクラブや、

 

月通いのエステにも

気にせず、週1、

週2で通えます。

 

毎日、高級ステーキを食べれる、

毎月、温泉旅行に行ける、

毎年、海外旅行に行ける

 

そんな優雅な気持ちに

なると思います。

 

そのような今よりも

 

「ワンランク上の生活」

 

ができるチャンスが、

 

この瞬間にも頻繁にあるのが、

今の仮想通貨トレードなんです。

 

凄くないですか?

 

でも、誰も知らないから、

やらないという…

 

知っている人だけが

「得している世界」が

ここにはあるわけですが、

 

こういう為替の現象は

何もここ最近に、

起こったことではないのです。

 

為替で稼げることを

知ってる人だけが

大儲けしたケースというのは、

 

実は、すでに

江戸時代からあって、

 

これは外国人商人が

発見した方法なんですが、

 

まず、外国人商人が

自分の持つ1ドル(メキシコドル)を

日本で、一分銀3枚に交換し、

 

その銀を両替商に持ち込んで、

更に小判に変えます。

 

その小判を自国に持ち帰り、

換金すると3ドルになったんです。

 

そして、その3ドルを

今度は日本に持ってきて、

9枚の銀に変え、

その銀をまた3枚の小判に…

 

あとはどうなるか

小学生でも分かりますね。

 

f:id:coinmaster:20170321141249j:plain

 

当時、日本と海外とでは、

銀と銀の価値の比率が

異なっていたんです。

 

日本では「金1g=銀5g」だったんですが、

海外では「金1g=銀15g」でした。

 

そこに目をつけた商人たちは、

本来の仕事である貿易そっちのけで、

 

この為替を永遠繰り返して

大儲けをしたんです。

 

そりゃそうですよね。

 

今であれば、

アメリカで手にしたドルを、

日本に帰ってきて換金し、

 

それをまた、アメリカで

再び換金し直すだけで、

 

お金の量が3倍に

増えるわけですから、

そりゃ笑いが止まりません。

 

ただ、この為替方式には、

大きな弱点があり、

 

金や、銀は、いくら取引しても

減らない仮想通貨とは違い、

 

実際に目の前で

やりとりするわけですから、

 

当然、頻繁に繰り返すと、

そもそもの貨幣の量、

物質の量に影響してきます。

 

あまりにもこの為替を

やりすぎたため、

 

結果、日本から大量の金が流出し、

幕府は財政破綻しかけるのですが…

 

これは古い時代では、

よくありがちな

問題ですよね。

 

毛皮を取るために、

ミンクを狩りすぎて、

絶命させてしまった的な…

 

人間は一度、味をしめると、

本当に容赦ないので

 

痛い目を見るか、

他から規制がかからないと、

なかなか止まらないんですけれども、

 

まさに仮想通貨トレードに関しては、

まだ、法律も規制もないので、

全く歯止めが利かないんです。

 

だから儲かっている人は、

ひたすら儲かっているんです。

 

容赦なくやっても、

本当に死ぬまで

永遠に繰り返せるんです。

 

取引するのは

 

「データ」

 

なので、場所も時間も

一切、関係ありません。

 

スマホがあれば、

いつでもどこでもできます。

 

さっきお話しした金から銀へ、

銀から金への変換以上の比率で、

 

家で寝ながら、

電車で移動しながら、

テレビを見ながら、

お酒を飲みながら、

 

1日に数枚のビットコイン

交換するだけで、

 

10万円、20万円、

ザラに儲かるんです。

 

以下が、今あるメジャーな

金融商品の変動率の一覧です。

 

【2015年度の変動率%(昨年)】

 

金       12(12)

原油                      41(20)

ユーロ                    8(3)

ドル                        7(6)

上海総合指数        33(14)

日経225                15(19)

ビットコイン        55(59)

 

このように

他の金融商品と比べて

変動率は群を抜いています。

 

圧倒的です。

 

変動率が大きいということは、

それだけ業界の成長率も大きく、

 

今後、更に市場は

伸びていく見込みであり、

チャンスは大きいです。

 

参入者が後を絶たないのは、

これが一番の理由です。

 

やるなら"今"です。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin